中村ノートNAKAMURA-NOTE / blog

  1. 家物語
  2. 中村ノート
  3. 完成物件
メニュー

学ぶ喜び

今日は節分。なんの具が入った恵方巻を食べようかとばかり考えていて、豆まきもする事をすっかり忘れていました。豆買って帰ろう。福を招き入れよう。

少し前になりますが、元々は歯科医院だった場所を学習塾にリノベーションしました。既存はグレイの長尺シート張りの床は茶系のタイルカーペットを市松貼りに。やはりグレイのブラインドが掛かっていた窓辺は淡いグリーンのロールスクリーンに変更。子ども達がリラックスして勉強できるよう、柔らかな明るい色味を用いた教室が出来上がりました。

正面となる向かって左側の壁には、プロジェクター対応の壁紙を貼り、スクリーンとして利用します。

この学習塾のコンセプトは「科学する喜びを伝えたい」
今までは学校の設備を借りて科学の実験などを教えていたそうです。これからはこの教室に科学者の卵達がわくわくしながら通って来ることでしょう。
また貸教室として一般の方も使用できるそうです。

学ぶことは楽しい事。知らなかった事を知る事が出来るのだから。学生時代にはそんな考え方できなかったなぁ。

社会人になりだいぶ経ってから、スクールに通ったり、試験を受けたり、セミナーを受講したりしながら様々なスキルアップの勉強をするようになりました。学生時代よりよっぽど前向き(笑) 一つの学びから今まで知らなかった世界が広がっていく事が面白い。もっと早くにちゃんと学んでおけば長い間そのスキルを生かせたのに、という気持ちと、いくつになっても学ぶ事はできるんだなぁ、という気持ちと両方感じています。

それにしても暗記ができない。何回もやってるはずの問題でもいつも「はじめまして」って新鮮な出会い。なんだそれ。年を取ったら暗記はできないものなのか…思い悩みある日インターネットで検索しました(苦笑)「幾つになっても暗記はできます。あなたは学生時代のように必死で暗記していますか?忙しいとか時間がないとか言い訳していませんか?」っていう回答を発見。はい、忙しいだの目が痛いだの眠いだの言い訳しています・・・とりあえず私でも覚える事が出来るとわかり安心しました。(覚えなくてもいい事はすぐ覚えられるんだから)

こちらは学習塾のエントランス。
やはり全体的にグレイ系だったのですが、カウンターとトイレの扉はダイノックシートを貼りカラーチェンジ。壁紙も貼り替え、掲示板も濃い緑色から明るいグレイに変更し存在感を抑えました。

きっともう既に「科学する喜び」があふれる場所になっているはずです。